イタチ駆除・捕獲のコツ

イタチ駆除・捕獲のコツ

イタチ駆除・捕獲のコツ イタチがいると分かった場合、しっかりと対策をしなければ住み着いてしまい、あっという間に繁殖してしまいます。
駆除には「におい」や「煙」などの刺激を与える忌避剤がお手軽で、この方法で実際にイタチはすぐにいなくなるのですが、徐々に慣れてきて、結局同じ場所に戻ってきてしまうというデメリットがあります。
これではイタチ駆除に成功したとは言えません。
ですから、イタチ駆除は忌避剤ではなく、罠による「捕獲」が一般的で確実な方法です。
イタチがいそうな場所に箱罠を設置し、中に大好物の肉や魚を入れておけば捕まえる事ができます。
その外見とは裏腹に獰猛な肉食動物ですので、このような罠とエサによる「捕獲」は大変効果的なのです。
しかしながらイタチは、「鳥獣保護法」や「狩猟法」に従い適切に捕まえ処理する必要があり、例え自宅敷地内であっても勝手に箱罠を使い捕まえる事はできないのです。
大変ではありますが、イタチの完全駆除の為には、地元の自治体か専門の業者へ相談し、対策を講じる必要があります。

罠の種類のバラエティーが豊富なイタチ駆除

罠の種類のバラエティーが豊富なイタチ駆除 イタチは小型の肉食動物で、都会や住宅地付近に生息しています。小型動物であるため狭い隙間や空間に入ることができ、家屋や配管の中でも侵入することができます。そのため、我々と接する機会がしばしばあると言えます。イタチ駆除を行う業者は多くあり、依頼数も毎年かなりの件数にのぼります。イタチ駆除は業者に任せることが一般的で、個人で行うにはリスクがあります。

なぜなら、野生動物であるため多くの病原菌や雑菌を保有しているからです。イタチ業者も追いかけて捕まえるのではなく、罠をしかけて捕える方法が一般的です。罠はイタチが入ると自動的に扉がしまるシステムです。内部にはイタチの好物である鶏肉のエサがセットされており、おびきよせる効果があります。自分より体の大きい動物を捕まえることもあり、性格は俊敏かつ獰猛です。鳥類をペットとして飼育している家庭からの駆除依頼も多く、安心してペットを飼いたいと願う飼い主からの要請が多くあります。

新着情報

◎2019/8/23

イタチ駆除・捕獲のコツ
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「イタチ 捕獲」
に関連するツイート
Twitter

9月7日べこ避妊手術の日。 前日までイタチ対策、捕獲用檻探し(運よく1ヶ月前に予約してた檻の借りる順番が来た!)。初めての事でべこを捕獲出来るか、母猫の居ない間に子猫達が安全に過ごせるか心配でした。 当日の朝、子猫達が何度も檻に入りべこ檻を警戒→べこ、子猫に檻入らない→ #べこの日記

Twitterままつ。母猫、子猫の里親募集中@f7nWdBDyDGvFjlH

返信 リツイート 昨日 9:36

前に飼ってたフェレットは窓を開けてベランダから他の部屋に行ってしまって、捕獲されて保健所に連れてかれる所を迎えに行ったりした。その部屋の人、マンションの高層に野生のイタチが出現したと思うのもなかなかすごいが、可愛かったのでそのあと自分でフェレット飼い始めたのも面白い。

返信先:@organsha そうなんですよ。前に「どうやらうちで食料を探し、斜向かいのお宅に住んでいるらしいイタチ」もいました(彼か彼女かはその後捕獲されてしまいました)。いいですね、モウフ。

さっきのプチ動画のコはイタチみたいです。あの後店員さんが集まって捕獲しようと頑張ってました。無事におうちに帰れたかな?(* ॑꒳ ॑* )⋆*

返信先:@enneko_project いつも活動お疲れ様です。 本当に頭が下がる思いでいっぱいです。 捕獲器に入っているのは、ハクビシンではなくイタチでしょうか? このような動物を捕獲してしまった場合は、どのようにされるのですか?

返信先:@KXdWgWvWLvEQRhc 相談は何度かしてますが、基本的に捕獲オリの貸し出し以上の対応は厳しそうですね あと、アライグマも厄介ですが、1番食害が多かったのはタヌキで、他にもハクビシン、イタチ等の在来種の食害もかなりひどいので、そういう意味でも行政の対応は難しいですね

返信先:@juan1na イタチ!!ぜひとも捕獲をば…!!!

Twitter屈強なケツのえん@ennnn08

返信 リツイート 9/18(水) 17:50

返信先:@JUNKMARTxxxMIYA いたちむし、昨日は捕獲失敗ですか? 仕事先に近いところで探しちゃったから(´Д` ) 賃貸はイタチ居たので…だったら、と。 部屋余ってるんだけど(^_^;) 雷は人に酔うので年一くらいで良いのかも(笑)

返信先:@InsideCHIKIRIN 撃墜、ジャミングは出来ます。その他に過去にはイランがアメリカの無人偵察機(ドローン)をハッキングして捕獲してました。 でも技術的に仕掛ける側と守る側のいたちごっこの世界です。 同じことはあり得ます。 世界は実はこんなにも危ういバランスの上になりたっていたということですね。残念ですが。

外猫の捕獲やっていて、3時間毎に見に行って、ドアだけ閉まっていてイタチの仕業かなあ>_<