イタチ駆除・捕獲のコツ

イタチ駆除・捕獲のコツ

イタチ駆除・捕獲のコツ イタチがいると分かった場合、しっかりと対策をしなければ住み着いてしまい、あっという間に繁殖してしまいます。
駆除には「におい」や「煙」などの刺激を与える忌避剤がお手軽で、この方法で実際にイタチはすぐにいなくなるのですが、徐々に慣れてきて、結局同じ場所に戻ってきてしまうというデメリットがあります。
これではイタチ駆除に成功したとは言えません。
ですから、イタチ駆除は忌避剤ではなく、罠による「捕獲」が一般的で確実な方法です。
イタチがいそうな場所に箱罠を設置し、中に大好物の肉や魚を入れておけば捕まえる事ができます。
その外見とは裏腹に獰猛な肉食動物ですので、このような罠とエサによる「捕獲」は大変効果的なのです。
しかしながらイタチは、「鳥獣保護法」や「狩猟法」に従い適切に捕まえ処理する必要があり、例え自宅敷地内であっても勝手に箱罠を使い捕まえる事はできないのです。
大変ではありますが、イタチの完全駆除の為には、地元の自治体か専門の業者へ相談し、対策を講じる必要があります。

罠の種類のバラエティーが豊富なイタチ駆除

罠の種類のバラエティーが豊富なイタチ駆除 イタチは小型の肉食動物で、都会や住宅地付近に生息しています。小型動物であるため狭い隙間や空間に入ることができ、家屋や配管の中でも侵入することができます。そのため、我々と接する機会がしばしばあると言えます。イタチ駆除を行う業者は多くあり、依頼数も毎年かなりの件数にのぼります。イタチ駆除は業者に任せることが一般的で、個人で行うにはリスクがあります。

なぜなら、野生動物であるため多くの病原菌や雑菌を保有しているからです。イタチ業者も追いかけて捕まえるのではなく、罠をしかけて捕える方法が一般的です。罠はイタチが入ると自動的に扉がしまるシステムです。内部にはイタチの好物である鶏肉のエサがセットされており、おびきよせる効果があります。自分より体の大きい動物を捕まえることもあり、性格は俊敏かつ獰猛です。鳥類をペットとして飼育している家庭からの駆除依頼も多く、安心してペットを飼いたいと願う飼い主からの要請が多くあります。

新着情報

◎2019/12/23

気になるイタチ駆除の費用
の情報を更新しました。

◎2019/10/29

イタチ駆除の手順
の情報を更新しました。

◎2019/8/23

イタチ駆除・捕獲のコツ
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「イタチ 捕獲」
に関連するツイート
Twitter

リトルイタチさんの小動物的可愛さは破壊力抜群だよね。野良さんでちょこちょこ駆け回るお姿をお見掛けした時、さっと捕獲して撫で回したい衝動が全身を襲ったw一欠片の理性で追い掛けそうな指を押し留めたけれどもw(お巡りさん、こいつです)

イタチ達に九尾の捕獲を頼んでから3年以上たつな…

返信先:@butanohana3他1人 ノッポ眼鏡さんが挙げてくださってました。 ちゃんと省みて改善されています。 twitter.com/BeerBear_Jiro/… 実は、猫のTNRの際にもしばしばイタチが入ります。私などは誤捕獲に未対処ですが💦希少種の森でいい加減なことはされていません。

気配は前もあったんだ。 朝早くからドタバタさせやがって。 先々週塞いだ穴とは別の結界を見つけた様だ。 イタチ様再来。😅 もう捕獲するぞ。 保護動物なのであくまで捕獲。 それにしてもコヤツの放つ臭いは強烈だぁ。

RT @harufoot: 設けられて大切に守られてきたがイタチとネコの流入による捕食行為で危機に瀕している。TNRでは限界があり減少させるには困難。地形も関係している問題は奄美にも通じる状況である。TNRでだけでは解決に至らず捕獲は容易ではない。これが現実であり飼い猫であれば…

返信先:@yuuri17 イタチ! イタチですか…? 捕獲が(法律的に)いろいろあるので、業者さんがいいのでは…と思ったり思わなかったり

Twitter甘夏@西1ホール ス30ab@amanatsu1243

返信 リツイート 2/15(土) 18:14

猟師仲間から生きたアナグマをいただきました。 ムジナとも呼ばれ、タヌキに似ているがイタチ科。 西粟倉村では猟期中4ヶ月のみ捕獲できる獣です。 初めてのアナグマ解体でしたが脂を残して捌くのが難しい…! 猪や鹿より美味しいとの声も多いジビエです。 溶けるような脂がたっぷりで楽しみ。 pic.twitter.com/cHGuMXDheV

Twitterハダ|材木屋トレラン猟師@hada_tomohiro

返信 リツイート1 2/15(土) 17:47

設けられて大切に守られてきたがイタチとネコの流入による捕食行為で危機に瀕している。TNRでは限界があり減少させるには困難。地形も関係している問題は奄美にも通じる状況である。TNRでだけでは解決に至らず捕獲は容易ではない。これが現実であり飼い猫であれば外に出さず適正飼養をし不妊去勢手術は

Twitter陽久【猫と猛禽類とKAKAPOがとても好きです】@harufoot

返信1 リツイート7 2/15(土) 14:41

若手猟師仲間が捕獲したイタチ 機敏でかわいいけど怖い pic.twitter.com/y593dSIXU1

Twitterハダ|材木屋トレラン猟師@hada_tomohiro

返信 リツイート 2/15(土) 11:37

2002年にイタチ科の哺乳類フェレットの捕獲作業中に手をかまれ、感染症の#治療を ... リンク:treatment.整骨院.top/2019/11/07/899… タ グ:#1月 #2002年 #イタチ #労災 #哺乳類フェレット #大分県警地域課 #感染症 #手 #捕獲作業中