イタチ駆除の手順

イタチ駆除の手順

イタチ駆除の手順 イタチ駆除の手順は追い出し作業から始まります。施工当日にイタチが家屋内に潜んでいるかを判断するのは難しいので、侵入口封鎖前に必ず追い出し作業をします。そのために使用するのはペットや人体に安全な薬剤です。イタチを追い出せたら、出入り口となっている全ての穴や隙間を塞ぎます。封鎖作業を終了させた後は、1週間から2週間ほど様子を見ます。それによってイタチが出入りする場所を完全に封鎖できているかを確認します。もしも不備が見つかったら封鎖作業を繰り返し行ないます。

イタチが侵入していた場所は断熱材が荒らされていたり、糞や小動物の死骸が散乱していたりして、ダニやノミが繁殖していることがあります。これらの被害状況を確認した後、依頼者の希望によって清掃や断熱材の撤去、天井裏や床下の殺虫消毒をします。防除と清掃と消毒までの作業を完了すると、実質的なイタチ駆除は終了となります。今後の再侵入に関する相談も気軽にできます。

イタチ駆除の流れは、ある程度時間がかかります。

イタチ駆除の流れは、ある程度時間がかかります。 イタチ駆除と一言で言っても簡単ではありません。イタチの被害が確認出来るようになってから駆除を依頼する人がほとんどですが、被害が確認できるレベルになるころには目に見えない所で被害は広がっていることが多いです。特に部屋裏など普段目に見えない箇所の場合は、実際に調査をしてみないと分かりません。イタチが何匹いるのかも調査してみたいと分からないことがほとんどです。イタチ駆除を依頼したからといってすぐに駆除できるわけでもありません。

イタチ駆除のだいたいの流れは、被害状況などの調査から開始します。実際にイタチの被害が出ている箇所を調査して、何匹程度いるのかを調査することから始まります。潜伏先や侵入先、巣などを調査してから実際の駆除作業に移ります。駆除を開始してからもすぐに捕まえられるわけではなく、思った以上に時間がかかることも多いです。イタチ駆除を依頼する場合は、そのように事前に駆除に時間がかかることを覚悟して動き出すようにしましょう。

新着情報

◎2019/10/29

イタチ駆除の手順
の情報を更新しました。

◎2019/8/23

イタチ駆除・捕獲のコツ
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「駆除 流れ」
に関連するツイート
Twitter

RT @hiroki_endo: 炎上効果でハネるというのは有る。が長い目で見れば「エロが人里に降りてきやがって。退治しろ」と世間からの圧力が高まり、山の中でゾーニングされた所でひっそり楽しんでたオタクまで山狩りで駆除される流れになりかねない。自分だけ良ければ後はどうにでも、で…

RT @hiroki_endo: 炎上効果でハネるというのは有る。が長い目で見れば「エロが人里に降りてきやがって。退治しろ」と世間からの圧力が高まり、山の中でゾーニングされた所でひっそり楽しんでたオタクまで山狩りで駆除される流れになりかねない。自分だけ良ければ後はどうにでも、で…

Twitterぶんちョ@トマトのへた@bunchoko

返信 リツイート 11/11(月) 20:40

この流れほんと草 ひひひがこの2人を他人のままにしておくわけがなかった夢女子駆除アニメ pic.twitter.com/zfTh1UeKP8

炎上効果でハネるというのは有る。が長い目で見れば「エロが人里に降りてきやがって。退治しろ」と世間からの圧力が高まり、山の中でゾーニングされた所でひっそり楽しんでたオタクまで山狩りで駆除される流れになりかねない。自分だけ良ければ後はどうにでも、では巡り巡って己の首が締まる。 twitter.com/youthk/status/…

Twitter遠藤 浩輝 月マガで『愚者の星』連載中@hiroki_endo

返信 リツイート92 11/10(日) 1:19

森の中にある寂れた一軒家。そこにはかつて狩人夫婦と幼い息子が暮らしていたという。ある日、近くの村が狼の群れに襲われた。人化の力を持つボスを中心に殺戮を繰り返した彼らは狩人夫婦によって駆除される。二人の命を犠牲として。 時は流れ、残された幼子が青年となった頃、

RT @momodog22: そもそもノネコは侵略的外来種ワースト100に属するので、特に奄美のような島では有害鳥獣としてアライグマ等と同じく駆除対象になるのが世界的な流れなので世界遺産云々とか奄美は特別というのもおかしな話。駆除反対する方々は「猫はかわいいから別」という理由な…

「自然」の定義を行わずにこういう議論しても噛み合わないんじゃなかろうか。ヒトを構成する粒子も自然の物理法則に従って運動しているだけなわけだし。ただこの定義だと、ヒトが外来種の駆除を行おうとすることも「自然」の流れではある。

私たちとは、今、与論で暮らしている町民や与論の海を愛してやってこられるリピーター等の方々のことです。サトウキビの害虫駆除、航空防除の薬剤散布をやめたのも与論町が最初でした。「水が命」と訴えた町長がおられました。  「島人の 命はぐくむましみずの 絶えざる流れ 永遠に祈らん」

Twitter与論島ウンパル学校@unparugakko

返信 リツイート 11/9(土) 16:10

この『人間の活動を自然の活動に考慮しない』って考えはかなり人間本位だなぁと思うし、人間様どれだけ偉いんだよって思う。 ちなみに、人間の活動も自然の活動。 連れ込むのもそれを駆除するのも自然の流れだと個人的には思う。

ナチュラル狂人らしく殺やらずに愛で続けて ジャカロ保護派に回って駆除組織と敵対したり 愛で(殺す)のを極めて狩人(ハンター)になったり そこらは作中の流れや必要性に応じてお好きにどうぞ (何気に登場確定っぽそうで密かに嬉しい)