イタチ駆除の手順

イタチ駆除の手順

イタチ駆除の手順 イタチ駆除の手順は追い出し作業から始まります。施工当日にイタチが家屋内に潜んでいるかを判断するのは難しいので、侵入口封鎖前に必ず追い出し作業をします。そのために使用するのはペットや人体に安全な薬剤です。イタチを追い出せたら、出入り口となっている全ての穴や隙間を塞ぎます。封鎖作業を終了させた後は、1週間から2週間ほど様子を見ます。それによってイタチが出入りする場所を完全に封鎖できているかを確認します。もしも不備が見つかったら封鎖作業を繰り返し行ないます。

イタチが侵入していた場所は断熱材が荒らされていたり、糞や小動物の死骸が散乱していたりして、ダニやノミが繁殖していることがあります。これらの被害状況を確認した後、依頼者の希望によって清掃や断熱材の撤去、天井裏や床下の殺虫消毒をします。防除と清掃と消毒までの作業を完了すると、実質的なイタチ駆除は終了となります。今後の再侵入に関する相談も気軽にできます。

イタチ駆除の流れは、ある程度時間がかかります。

イタチ駆除の流れは、ある程度時間がかかります。 イタチ駆除と一言で言っても簡単ではありません。イタチの被害が確認出来るようになってから駆除を依頼する人がほとんどですが、被害が確認できるレベルになるころには目に見えない所で被害は広がっていることが多いです。特に部屋裏など普段目に見えない箇所の場合は、実際に調査をしてみないと分かりません。イタチが何匹いるのかも調査してみたいと分からないことがほとんどです。イタチ駆除を依頼したからといってすぐに駆除できるわけでもありません。

イタチ駆除のだいたいの流れは、被害状況などの調査から開始します。実際にイタチの被害が出ている箇所を調査して、何匹程度いるのかを調査することから始まります。潜伏先や侵入先、巣などを調査してから実際の駆除作業に移ります。駆除を開始してからもすぐに捕まえられるわけではなく、思った以上に時間がかかることも多いです。イタチ駆除を依頼する場合は、そのように事前に駆除に時間がかかることを覚悟して動き出すようにしましょう。

新着情報

◎2019/10/29

イタチ駆除の手順
の情報を更新しました。

◎2019/8/23

イタチ駆除・捕獲のコツ
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「駆除 流れ」
に関連するツイート
Twitter