意外と知らない人の多いイタチ駆除方法

イタチ駆除にあたって申請は必要?

イタチ駆除にあたって申請は必要? イタチは普通の民家などでも時々入り込んで来ているのが発見される動物です。
イタチそのものは顔かたちも可愛く、ただ見ている分には何も問題ありませんが、しかし自分の家などに入り込んで来る場合は大きく困ります。
捕まえて、追い出さないといけませんが、この時に注意しなければならないことがあります。
イタチは無許可の捕獲や狩猟が法律で禁じられている動物です。
なので、そのような恰好のことがイタチ駆除の過程の中で入ってしまうのであれば、事前に役所で申請をして許可を受けていなければまずいことになります。
ただ追い出すだけをするなら問題ないのですが、捕まえてから逃がす等の何かをするということを考えるのなら、役所へ行って捕獲申請書を書き、許可が下りてからやりましょう。
また、捕獲をしなくてもイタチを傷つけたり殺してしまったりする可能性のあるイタチ駆除ということになると、またこれも法律上の取り決めから言ってまずいことになりますので注意です。
何も許可書がないなら、イタチに手を加えず追い出すだけが正解になります。

イタチ駆除したい場合には必ず自治体に申請をしましょう

イタチ駆除したい場合には必ず自治体に申請をしましょう イタチが家に住み着いたり、家の近くにいる場合には、放置しておくとさまざまな被害がでてしまいます。
しかし、イタチを勝手に駆除することは禁止されています。
イタチのメスは、鳥獣保護法によって捕獲や駆除が禁止されています。
また、イタチのオスを駆除したり捕獲するには自治体への申請と許可が必要となります。
イタチ駆除を行うには、冬期の狩猟期間内で狩猟免許を持っていることなどが条件としてありますが、狩猟免許の資格を持っていれば都道府県や市町村などに連絡をして許可を取ることで、自分で駆除することが可能となります。
許可の申請先は、都道府県や市町村、保健所、農業センターなど各自治体によって差があり、申請してから許可が下りるまでに2週間前後かかるところが多いそうです。
許可を取らずにイタチ駆除や捕獲をしてしまうと法律違反となり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられますので、勝手に行わないようにしましょう。

新着情報

◎2019/10/29

イタチ駆除の手順
の情報を更新しました。

◎2019/8/23

イタチ駆除・捕獲のコツ
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「駆除 自治体」
に関連するツイート
Twitter

良いですか、マスター…。 アシナガバチは、比較的低く乾燥した物陰や樹幹に10㎝ほどの巣を作ります…。 一部の地方自治体駆除に公費で助成してくれる地域もありますが、一方でアシナガバチを農業害虫を捕食する益虫として駆除に助成しない地域もありますので、実際に調べてみると良いでしょう…。

Twitterシェヘラザードによる危機対処・予防講座@huyajou_no_bot

返信 リツイート 昨日 13:13

返信先:@lxx_0_0_xxl他1人 「猫の放し飼いはネズミ駆除効果はなくむしろ感染症拡大拡大リスクを高めるのでマイナス」と言う学術論文。ドイツでは、「野良猫の餌やりはネズミを呼び寄せる(≒ネズミを増やす)ので自治体の餌やり禁止命令は正当」と言う判決もあります。 journals.plos.org/plosone/articl…

返信先:@nino_1991_jp ただ獣を捕る猟師だけではなかなか食っていけないね。有蓋駆除つって農家守るために獲ったりある程度有名になって講演会したり自治体から仕事もらったりブログやらYouTubeやったり本書いたりここまでやってなんとか猟師関係の仕事だけで食う人はいる。あとは普通に半分サラリマンやってる人のが多い

野生動物を駆除したいが統計上は殺処分0にしたい自治体と動物を虐め殺したい人を出会わせるマッチングアプリ

ためにする餌付けは別 野犬に襲われたりしたという人や家畜の事例がある以上国も地方自治体も通報や持ち込まれれば放置はできない あとは狂犬病の懸念からも だから駆除批判するなら保護できないなら少なくとも人間と野犬との境界線は作るべきなのに 無責任な餌付けで寧ろ公園に民家の近くにいつかせ

RT @0beroffer: ヒグマの駆除のときもそうだったけど、自分が住んでない自治体に苦情を言うという行動が我々からしたら理解不能なんだよな。お前ら何様なん?

一理ある 猫の駆除を加速させてるのはこういう無責任な猫好き達 ネットしたとて入るときは入るからね ただだからといって虐待や虐殺は動物愛護法上ダメ なので本気で困ってるなら市町村の代表や地方自治体に相談を 野良猫や外猫は被害が有ればそういう駆除されるという危険が伴うという自覚を

返信先:@pippichan0401 私は、犬猫飼っているドイツ人だったならば、犬猫狩猟駆除のことは大概知っていると思う。頻繁にTV番組や犬猫雑誌で猫の放し飼い犬にリードをしないことを警告されているし、ニュースでも頻繁に取り上げられる。自治体の広報でも注意されている。対して狩猟に関して、日本で報じられることはほぼない。

私、猫嫌いじゃないから気にしないんですが、このまま増え続けたら自治体が動いて駆除・処分となりそうな勢いです。どうすればいいんですかね。野良猫と言えど命ですし、不要物みたいに処分されるなんて可愛そうな気がしますね。

Twitterトンヌラ王子(大器晩成?)@k_superbaby7777

返信 リツイート 11/8(金) 4:22

返信先:@manbouyashiro ゴリラとライオンは保護対象 クジラは外交上の火種 熊と猿と猪は駆除対象 犬と猫は殺処分ゼロが自治体の目標 うさぎとモグラは思考の外