意外と知らない人の多いイタチ駆除方法

イタチ駆除にあたって申請は必要?

イタチ駆除にあたって申請は必要? イタチは普通の民家などでも時々入り込んで来ているのが発見される動物です。
イタチそのものは顔かたちも可愛く、ただ見ている分には何も問題ありませんが、しかし自分の家などに入り込んで来る場合は大きく困ります。
捕まえて、追い出さないといけませんが、この時に注意しなければならないことがあります。
イタチは無許可の捕獲や狩猟が法律で禁じられている動物です。
なので、そのような恰好のことがイタチ駆除の過程の中で入ってしまうのであれば、事前に役所で申請をして許可を受けていなければまずいことになります。
ただ追い出すだけをするなら問題ないのですが、捕まえてから逃がす等の何かをするということを考えるのなら、役所へ行って捕獲申請書を書き、許可が下りてからやりましょう。
また、捕獲をしなくてもイタチを傷つけたり殺してしまったりする可能性のあるイタチ駆除ということになると、またこれも法律上の取り決めから言ってまずいことになりますので注意です。
何も許可書がないなら、イタチに手を加えず追い出すだけが正解になります。

イタチ駆除したい場合には必ず自治体に申請をしましょう

イタチ駆除したい場合には必ず自治体に申請をしましょう イタチが家に住み着いたり、家の近くにいる場合には、放置しておくとさまざまな被害がでてしまいます。
しかし、イタチを勝手に駆除することは禁止されています。
イタチのメスは、鳥獣保護法によって捕獲や駆除が禁止されています。
また、イタチのオスを駆除したり捕獲するには自治体への申請と許可が必要となります。
イタチ駆除を行うには、冬期の狩猟期間内で狩猟免許を持っていることなどが条件としてありますが、狩猟免許の資格を持っていれば都道府県や市町村などに連絡をして許可を取ることで、自分で駆除することが可能となります。
許可の申請先は、都道府県や市町村、保健所、農業センターなど各自治体によって差があり、申請してから許可が下りるまでに2週間前後かかるところが多いそうです。
許可を取らずにイタチ駆除や捕獲をしてしまうと法律違反となり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられますので、勝手に行わないようにしましょう。

新着情報

◎2019/12/23

気になるイタチ駆除の費用
の情報を更新しました。

◎2019/10/29

イタチ駆除の手順
の情報を更新しました。

◎2019/8/23

イタチ駆除・捕獲のコツ
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「駆除 自治体」
に関連するツイート
Twitter

ヌートリア。可愛い見た目に反して繁殖力抜群、農作物等への被害があり残念ながら駆除対象。特定外来生物は、発見しだい自治体に連絡をしたほうがよいかも。

Twitter日淡水槽山部くん@AquArium@AquAriu40014363

返信 リツイート 15:52

フェミニストを名乗る害獣被害が増えているようなので企業や自治体が率先して駆除に動いてほしい。

Twitterfluorite@佐世保提督@flue5

返信 リツイート 12:03

結果、「野犬の駆除」の一番の被害者がダンナと私で、自治体はそんな出来事はさも無かったかのように忘れ去ろうとするわけです。 安い賃金で雇った人に問題を片づけてもらって、さぞかし一件落着なんでしょう。 これが最近私が #適応障害 気味の原因。 #統合失調症 #ASD #労災 twitter.com/u_lala/status/…

とある過疎地の自治体で非正規職員だった夫は、かつてペットとして可愛がられ、飼い主の事情で野に放たれて狂暴な野犬と化したワンコの「駆除」を押し付けられて、完遂した直後に脳幹出血でかえらぬ人となりましたが、労基のいう労災でないそうで、世の中いいことをしても報われない、ホントです。

・動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば2年以下の懲役か罰金が科される ・ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能 ・行政が野良猫を殺処分すれば「殺処分数」 ・ノネコとして捕獲し、殺処分する形なら殺処分数にカウントされない

私も奄美の施策が避妊去勢を疎かにして駆除一択なら賛同はしていなかったでしょう。 飼い猫の適正飼養推進。市街地の野良猫の不妊化に官民協働で取り組んでられる。 自治体主導で猫の不妊化にここまで積極的なところありますかね?その辺りもちゃんと評価してあげて欲しいですよねぇ。。。

Twitterとっとちゃん@猫専用垢@pippichan0401

返信1 リツイート14 2/16(日) 11:24

なぜそう考えるのか解らない。 ノネコの駆除に関しては「猫は犬同様家畜種だからアライグマ等と違い管理しやすい」と地域猫のような特別視をし、害獣駆除に使うとなると「猫は犬と違い管理、コントロールをしない」なのか。害獣駆除に使うなら自治体主導の認可と、適切な管理をするのは当然必要だが。

返信先:@kohyu1952他1人 大震災以降、自治体は災害派遣を単なる作業員の派遣だと思っているようです。エゾシカ駆除や豚コレラ、鳥インフルエンザによる豚や鶏の屠殺など生き物の命を奪うことに安易に自衛隊を使うな!どうしても屠殺するのならまず知事や自治体職員が実施しろ。わかったか、沖縄県知事!

猫キチの私刑対象の変遷 1、駆除した人(糞尿被害者にさらに追い打ち) 2、忌避してる事業者 3、Oさんを執行猶予にした裁判官 4、スルーした警察 5、バイクに突っ込んだ猫を路肩に寄せた郵便局員 6、生徒の健康のため猫を処分した教師 7、餌やり禁止看板(自治体) 8、センター職員 次だれ?

Twitter猫より人 公衆衛生向上協会@goyadego

返信 リツイート1 2/12(水) 7:56

うちの自治体のホームページでは、ハクビシンについてはこんな感じ(抜粋)。駆除する前にやるべきことがあるよ、ってふうに書いてあって、ちょっとほっとした。 pic.twitter.com/h2oUJVqXiP